◆反張膝とは?◆

通常私たちが床の上に立った時、足の裏が床に着き、膝がまっすぐに伸びています

▼しかし反張膝の場合は……▼

膝を伸ばしすぎて脚が180度以上反り返っている膝のことを反張膝(はんちょうしつ、はんちょうひざ)と言います

◆反張膝の症状◆

腰を突き出すので、腰痛になります。

下腹がでるので、バストのトップとアンダーの差がでません。

首を曲げることになるので口呼吸にもなります。

http://goo.gl/Gh9F1K

反張膝は膝痛や足のだるさ、むくみや猫背にもつながる膝の変形です

膝を後に反っている分、バランスをとるためにお腹(特に下腹部)を前に突き出している

俗に言う「ぽっこりお腹」の状態でしょうか。

猫背になった分、今度は首を前方に突き出します。この姿勢であごを引いた場合、二重あごになります

膝が反ると股関節と膝関節は自然と内側にねじれてきます。
すると最初は後方に反っていた膝が股関節のねじれによって徐々に外側の反りへと変形していきます

股関節のゆがみから、O脚の方には膝頭が内側を向いている方が多いのですが、この状態で膝をうんと反ってしまうと、膝と膝の間は大きく離れてしまいます

膝を伸ばして立っていると、膝が離れているように見え、O脚がさらにひどいように見えてしまいます

膝を反る→股関節が歪む→この状態で膝を反る→膝と膝の間が大きく離れていく→この状態で膝を反る→O脚がさらにひどいように見える……という悪循環に陥ってしまうようです。

●偏頭痛
●肩こりや首こり
●歩くとすぐに疲れる

という症状を引き起こすこともあるとか……。

http://goo.gl/0Ybb2v

◆反張膝の診断方法◆

まず膝を伸ばして床に座ります。

そして膝を床につけた状態でつま先を上げていきます。

このとき踵と床の間の距離が大きければ大きいほど、反張膝が強いことが分かります。

枕やクッションを足の下に置くと
わかりやすいかもしれません。

膝の過伸展がわずかであれば(文献によっては10度程度までであれば)支障を来たさないものの、あまり過伸展位ともなれば筋のバランスが取れなくなって疼痛を引き起こしたりすることもあります

過伸展……「伸び過ぎる」の専門用語のようです。

◆反張膝の原因◆

本来膝の関節は伸ばし切ると痛む構造になっています。それなのに「グッ!」と伸ばし切る習慣を続けると、反張膝を引き起こします

特に正しい姿勢を意識している人ほど、膝に力を入れて後ろに反らしていることが多いです

Photo by Jupiterimages / Stockbyte

バレエダンサーは姿勢を正して美しさを表現するために常に膝に力を入れています。
その結果、バレエダンサーは反張膝になって膝を痛める方がとても多いのです。
同じようにモデルも膝を痛めている人が多いです。

http://goo.gl/wTNx0C

浮き指というのは足の指が反り返っており、
立った時に指が地面につかない状態のこと

http://goo.gl/Bbruk5

普段から膝を反らせるクセがあったり、足指で踏ん張らず重心がかかとに偏っていると、反張膝になりやすい

膝が反っているから足指の踏ん張りがきかない、ということもありそうです。
果たして鶏が先か、卵が先か……?

また、足が凝っていて足指がうまく使えないこともあるようです。
足指や足裏、足の甲、足首等を揉んでみて、痛かったり硬かったりする所があったら入浴時等に優しくほぐしてみてください。

ハイヒールを履いて歩く女性の場合は、ほとんどが反張膝になっています

ヒールの高い靴を履き続けるなど、前傾姿勢の習慣を調整する為に、反り腰になり、下腹とお尻の筋肉が緩む。
代わりに前面の筋肉が発達し、前にせり出すように太くなり、大腿骨が前に引っ張られ、大転子が出てきて内股・反張膝になる

男性の腰痛の一番多い原因は…尻ポケットの財布!?

Photo by Ryan McVay / Photodisc

男性の腰痛の原因で一番多いのは尻ポケットの財布

尻ポケットに財布を入れている人は多いと思いますが、それが想定外の身体の歪みに繋がっているらしい…。

車・電車通勤やパソコンに向かって長時間椅子に座っているときに、財布や携帯電話がお尻のポケットに入っていると無意識に腰などに負担がかかっている

尻ポケットに財布を入れたまま座ると、必然的に片方の尻が少し浮いたアンバランスな姿勢で座ることになります。これが日常になり蓄積されると骨盤の歪みが生じて腰痛へと繋がる

ポケットに何か物をいれて座ると腰痛や肩こりの原因となってしまいます。

他にもズボンのポケットに財布を入れない方が良い理由がある

Photo by Visage / Stockbyte

ズボンのポケットに財布を入れたまま長時間座ると、財布と生地がこすれる回数が多くなります。

こすれる回数が多くなると、ズボンに穴があいてしまう可能性も高くなります。

財布の角があたる部分から、すぐに穴が開いてしまいます…。

財布だけじゃなくキーケースやカードケースにも言えるけど、普段、いつでもどこでも『ケツ』に入れて生活していると10倍の速さで劣化する

ズボンだけでなく、財布の方にもダメージが。

尻のポケットに無造作に財布を突っ込んでいる男性を見かけるが、スリにとっては絶好の餌食となります

特に長財布を入れている人は今すぐに止めた方が…。

夏にショーパン履く時や、タイトデニムを履く時は、ケツ財布するとポケットの膨らみが鬼ダサい

見た目の問題もありますよね。

将来腰痛持ちにならないためにも、若いうちから気をつけよう

腰痛は若い人でも抱えることが多いですが、若い人の腰痛は、高齢者の人の腰痛よりも深刻になっていることが多い

老化によってさらに酷くなる可能性が高いため。

若いうちだから大丈夫だと思っている方も、骨盤は少しずつゆがんできます。
せめて腰かける時くらいは、財布をポケットから出しておいた方が良いかもしれません。

みんなの声

長財布を尻ポケットに入れるってよくよく考えればかっこ悪いことしてんじゃないかな…腰パンと同じ感じ オサレだと思ってる人は、金をケツにしいて大変金運下げてると思いますぅ

尻ポケットの財布は片側に異物があって腰がゆがむから腰痛になるわけで、ど真ん中に挟み込んだら腰痛にはならないのでは? 尻ポケット派はぜひお試しください。

クルーズアトラスみたいないい椅子導入するよりケツ財布やめさせたほうがおっさんの腰痛には効果ありそう。

@gaby6100 「男性の腰痛の原因で一番多いのは尻ポケットの財布」>友人の米国男性、正にこれが原因で変形性股関節症になってしまい、片方だけ股関節を人工関節にする手術しました。お尻ポッケの財布、絶対やめた方がいいです。

ぎっくり腰の経験のない方でも日常的に腰痛に悩まされている方は多いですよね。

 昔からあるものながら、現代病ともいえるんだそうですよ、腰痛。

 10数年前に比べて座ってる時間が飛躍的に延びてるのもその一つの要因なんだとか。

 でしょうねぇ。仕事の大部分をPCでまかなうことができるようになってからというもの、座ってばっかいますもの。そうじゃありません、皆さんも?

アメリカで25年にわたりリサーチと研究を重ねて開発されたサポートクッション。骨盤と脊柱を自然で健康な状態に保ちながら身体をサポートし、座ることにより起こる腰痛が回避できると人気に
オンラインでの販売価格は5636円(税込み)。

Backjoy(バックジョイ)は、座った時に一番負担のかかる腰に対し、国際特許を取った独自のフォルムで骨盤を最も負担のかからないポジションにしてくれます。これにより、背骨はよりナチュラルで自然なS字曲線になり、腹筋と背筋のバランスを整え正しい姿勢でより美しく見せることができます。また、正しい姿勢で座ることにより内臓に掛る負担を軽減し、お仕事や学習の効率を向上させたり、何よりも内面からもコンディションを整えることができます。

本品の表裏はこんなビジュアル。ジェイソンと呼びたくなるのもおわかりいただけるかと(笑)。表面素材は、軽くてカラフルなサンダルとしておなじみのcrocsと同じ発泡素材を使用。滑りにくくフィットし、丸洗いもできる

バックジョイは、アメリカで25年間の開発期間を経て作られております。そのため、人間工学試験においても被験者のほとんどがバックジョイの使用感に好感触を感じております。それは、研究に基づいた独自の硬さでどの様な動きにもしっかり骨盤をいいポジションでサポートしたり、どんなイスにも対応できるように開発されているからです。

使用法はご覧のように椅子に置くだけ。しかしなぜこの椅子にこの色のバックジョイをセレクトしたのかが実は最大の謎(笑)

正しい座り方の基本は右側面から見た際に、首の付け根から腰に掛けて緩やかなS字を描くことだといいますが、普段の僕はどっちかというと「C」に近い。これどういう状態かと言うと、骨盤が寝ているということ。これがとっても良くない。

 骨盤と脊椎の接合部に相当のストレスがかかり、結果として腰痛を呼ぶわけです。

本体のカーブにぴったりとお尻を密着させて座る
  ↓
 前部分が脚の重みで下がる
  ↓
 後部のR部がお尻を持ち上げる
  ↓
 テコの原理で骨盤が立った状態になる

文字で書くとなんてことないのですが、これが実に快適で健康的な着席姿勢を作ってくれます。でもって不思議なことに正しい姿勢で座ると、脚を組んでやろうという気も起きなくなってくるんですよね。ありがたや。

こやつの姿をご覧いただければおわかりかと思います。下部がこんもりしてるので馴染むまでには少しの時間とコツがいります。要するに座るとあらぬ方向へ傾いていくんです。あっちへゆらゆら、こっちへゆらゆら、と。そうやってベストポジションを探って行くうちにどんどん姿勢が良くなってく。ついでにゆらゆらはちょっと疲れたときのリフレッシュにもなったりとか。なんかだまされてるみたいだけどそういうことなんです(笑)。

ちょいとブレイクのときもそのまま背もたれにもたれてOK。骨盤が立ったままなのがちゃんと感じられる。表面のボツボツのおかげでズレる心配はなし。くそう、日々好きになってきやがるじゃねーかよ。

 ちなみにまだ試してないんですが持ち運びも手軽にできるんで電車や飛行機、車の運転にも使えるんだそうな。よし、一刻も早く仕事終わらせて旅行に行くことにするっ、てな具合にモチベーションまで上がっちゃって。単純だなー、まったく。ははは。

かくしてデスクワーク時はもとより、ソファにいるときもコレを使うことにして約3カ月。腰痛がまじで収まってきましたよ。さらには肩や首への負担も減ったようで、そうなると目の疲れまでが少なくなるとか。魔法か、ジェイソ……バックジョイ(笑)。

 そうして快適な仕事を終え、ふと目を閉じると走馬灯のように蘇るこれまでの“座り”との格闘の日々。

↑このページのトップヘ